2009年12月15日火曜日

Wall Street Journal Japan リリース

ウォール・ストリート・ジャーナル

本日より日本版のサイトがスタートした。

提供的に色々と気になることもあるのだが、ビジネスモデル的にも非常に気になるところである。なぜなら、従来のネットでのビジネスモデル=広告モデルが主流だったこと、一部モバイルなどでコンテンツ課金は浸透しているが、PC上での提供・また紙面媒体とのセットでの提供が日本のユーザーにどこまで受け入れられるのか、興味があるということだ。

もちろん、コンテンツ自体の出来や内容も問われるべきところであろう。

また、本国ではルパード・マードック御大が、自らGoogle八分を推進するような発言で物議も醸していることも気になるところではあるが…

なんにせよ、しばらくは静観していきたい。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

Hey There. I found your blog using msn. This is a very well written article. I will be sure to bookmark it and come back to read more of your useful information. Thanks for the post. I'll definitely return.

日々の気になる出来事サーチ

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ