2012年2月8日水曜日

小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則を読んだ

小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice)

37シグナルズの人が書いた組織、仕事論。
少し前に流行ったものだけど、ようやく読了。
さくっと読める分量だった。

概要は下記のような感じ。

会社は大きいほうがいいなんて幻想だ。今日では誰でも自分のアイデアをもとにビジネスを始められる。高価な広告枠、営業部隊、オフィス、いや、会議も事業計画もいらない。昼間の仕事をしながら、初めは週末の数時間を費やすだけで十分だ。小さな所帯で、シンプルに、迅速に、臨機応変に―それで僕らは成功している。二つの大陸に散らばった十数人のメンバーだけで数百万人のクライアントを抱えるソフトウェア会社37シグナルズは、その優れた製品だけでなく、常識破りな会社運営法でも、業界観測筋の目を釘付けにしている。その創業者とカリスマ開発者が、いまのビジネスに真に必要な考え方を示す。

SEM-LABOさんの書評がまたおすすめ
http://sem-labo.net/blog/2010/12/14/0461/

■目次
まず最初に
見直す
先に進む
進展
生産性
競合相手
進化
プロモーション
人を雇う
ダメージ・コントロール
文化
最後に

0 件のコメント:

日々の気になる出来事サーチ

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ