このブログを検索

2013年12月10日火曜日

Japan.Rで「実ビジネスデータへのRの活用とその限界」という話をしてきた

このエントリーは先日開催されたJapan.R2013での講演資料採録であり、同時にR Advent Calendar 2013の10日目の記事でもあります。

知らない人はいないとは思いますが、補足しておくと、Japan.Rとは…
-----------------------------------------------------------------------------------------------
日本各地で統計処理ソフトウェアである R に関する勉強会が行われています。
  • Tokyo.R
  • Tokyo.R 女子部
  • Tsukuba.R
  • Wako.R
  • Nagoya.R
  • Osaka.R
  • Shiga.R
  • Hirosima.R
  • 沖縄R同好会(Okinawa.R)
これらの勉強会の主催者や参加者が年に一度集まって開催されるイベントが Japan.R です。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
毎年、統計数理研究所の教室で行われていたのですが、今回の会場は東京ミッドタウンにあるYahoo!Japan。200名近く収容できる会場はワイドで迫力がありました。

僕に講演の依頼が来たということで、理論的というよりはビジネスよりの発表を期待されているのかなということで、掲題のタイトルで発表しました。
(全国のRユーザーのマサカリを一身に受けないように回避行動をとりつつ)

当日は、Yahoo!さんのビッグデータレポートの発表とオンライン広告の発表に挟まれる形で僕の発表を行いました。

資料はこちら。




 発表中にTwitterをバズらせてしまったバッチ処理については一部修正しています。

他の人が全体の採録とか書くかもしれないので、この辺に留めておきますが、LTも非常に面白い内容が多くて、とても参考になりましたし、楽しかった。

また、こういった機会に発表できるよう、日々Rを使っていきたいなと思う次第です。

ちなみに、当日の資料はまだ全部出ていないものの、いずれここにまとまるのだろうと期待しています。
勉強会発表内容一覧

他にも今年R関係でまとめた資料やら記事やらもあるので、合わせてリンクしておく。

第31回TokyoR LT 「RでARIMAの話」
TokyoRでロバスト推定の話をしてきた
Rで混合正規分布お絵かきして遊んだ
はじパタでSVMの発表してきた

Enjoy!! 

※追記 記事化されていたので、リンクしておきます。

Japan.R 2013の参加報告

0 件のコメント:

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ

ページビューの合計