このブログを検索

2012年2月2日木曜日

株式会社ALBERTに入社しました

2012年1月末をもって、プロパーで入社して約4年お世話になった金融コングロマリットを退職し、2月1日から株式会社ALBERTに入社しました。
分析力をコアとする情報最適化企業・株式会社ALBERT

最近、退職しましたエントリがはてブだったり、まとめだったりでまとめられて秀逸なものが多いので、少し真似をしてみました。
「退職しました。」系エントリーに学びが多い件-NAVERまとめ
拙い文章ですが、よろしければ少しお付き合いください。

退職のご挨拶は年始早々であったため、突然の連絡となってしまい、関係各位には大変びっくりさせてしまいました。
ただ、「驚き半分、やっぱりなという気持ち半分」というように、どことなく察していただいていた面もあったようでした。
約4年間で色々な方にお世話になり、営業や企画、マーケティングなど様々な業務を経験させていただけたことには感謝の気持ちでいっぱいです。
どうもありがとうございました。
また環境は違えどビジネスの世界にはおりますので、引き続きお付き合いいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

また、最近色々とお世話になっている方々には勉強会やイベントでお会いした際にご報告をさせていただいきました。
基本的にポジティブなお言葉をかけていただいたので、大変うれしく思います。
今後も積極的に参加していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

今、「ビッグデータ」というバズワードが流行し、データを活用しようという動きが活発になってきています。
【最新バズワード】ビッグデータビジネスの時代に乗り遅れないために備えること

しかし、データ活用はビジネス特性によりまったく異なり、普遍性のある職種ではないため、うまく活用できなかったり、分析をすることのできる人材が過度に不足しています。
また、大学などの教育機関にも統計学部がないなど、そもそもの供給量自体が不足してしまっている現状があります。
そうした中で、やはり自身のスキルアップのためには日々たくさんのデータと向き合い、適切な解析を行っていく必要があると感じていました。
そういった会社を探していたところ、運良くよいお話をいただくことができ、入社に至りました。

ALBERTは勉強会や学会などでも発表を行ったり、多くのクライアントを抱え、実績を出していますし、何より「分析力をコアとする情報最適化企業」というコンセプトに惹かれました。
最近の記事で指摘があるように、分析を企業は所与のコストがかからない作業と見なす傾向があるので、分析者にとってはなかなか難しい環境が多いのですが、そこへの理解は抜群です。

これからは日々、データと真摯に向き合い、様々な解析を行えるようになるので、自身のスキルアップも今まで以上に行っていきたいと思います。
まだ環境に慣れていないので、あたふたしてはいますが、大変面白いテーマがたくさんありそうなので、とても楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。
引き続き、よろしくお願いいたします!

0 件のコメント:

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ

ページビューの合計