このブログを検索

2013年2月19日火曜日

ちばぎんカップの感想とジェフ千葉の今期展望を独断と偏見で語る!

先日開催されたちばぎんカップで我らがジェフがレイソルに完勝したので、その余韻そのままに、勝手に今シーズンの展望もつらつらと書いちゃいます。

試合は柏のホーム、柏日立サッカー場で開催されました。
客席とピッチが近く、サッカー専用スタジアムなので、とてもいいスタジアムでした。

試合内容の詳細はサッカーライターの川本さんやFoot!のAD土屋さんのブログに詳細に書かれているので、そちらをご覧ください。その辺は知ってるよって前提で話を進めます。

柏対市原・千葉戦 ちばぎんカップ総括
第19回ちばぎんカップ 柏×千葉@日立台

僕は今期からジェフの指揮をとる鈴木淳さんがどういったサッカーを志向するのかが最大の焦点だったので、つらつらと書きますね。

まず、フォーメーションで、トップが谷沢!これには驚いた。たしかに藤田がマリノスに移籍してFWがいない状況なので、どうするのかなと思ったけど、谷沢なのかと。
スパレッティーがローマでやったゼロトップを想起させるものでした。
去年と大半は変化ないけど、新加入の外人が3人スタメン。右SBのキムと中盤のナムは共に新卒韓国人Jリーガー。左SHのジャイールはブラジル人。
3人ともみんな大当たりでした。キムは本職がCBということもあり、まだまだ改善の余地はあるだろうけど、他2名はすばらしかった。

・ジャイール
守備のタスクはあまりなかったようだけど、突破力やクロスの質がすばらしい。彼がいることでジェフの攻撃は左に偏ってしまったけど、レイソルの3バックの妙にうまくはまって機能しましたね。

・ナム
最初はそつなくこなしていたけど、後半にトップに入った段階でボールの受け方がすばらしかった。3点目のヘディングも決めたし、成長余地はまだまだたくさんある!期待できる。

土屋さんのブログで気づかされたけど、増嶋のポジションが難しかったんだね。確かにあの3枚がいたら3バックやりたくなるのもたしか。鈴木は新加入だけど、気迫あったし、戦える選手だということは感じられた。増が攻撃参加したスペースは茨田がカバーしてたけど、大谷の不在が大きかったね。
でも、後半、増に代えて山中が出た時点で、1つ確かなことは岡本のフィードが米に行くようになったこと。
ほとんど競り勝ってたんじゃないかな。

前半は実は岡本はいっさいフィードはしなくて、つないでた。これは江尻さんの時もそうだったけど、ビルドアップを重視しようとする現れだと思う。
柏のように格上だと感じないけど、J2では基本的にベタ引きのケースが多いはず。アウェイで勝てないジェフは、ここでの課題をクリアすべく、試合をコントロールする必要があるので、この施策はとてもよかった。
でも、柏のアップテンポなプレッシャーに負けて、すぐに下げちゃったり、引っかかったりで、改善余地は多い。
ユン・ジョンファンが鳥栖で成功させたように、ハイプレス戦術はJ2でも採用するチームはあると思う。そこをどうかいくぐれるかが焦点だ。
兵働はとても質のいいパスをくれるけど、狙われるから、そこをケアできるかどうかだな。まあ、レイソル戦は勇人がレアンドロ・ドミンゲスを気にしまくってたから(そういうタスクが課されてたと想像)、通常時は問題ないかも。

あと、守備の堅さは円熟味を増したね!山口と竹内のコンビは見ていて安心できる。
左SBの渡邊も一皮むけた感ある。ジャイールとのコンビだとアップダウン激しいので、大岩とのターンオーバーがキーかもしれない。良太はここに食い込んできてほしいところだ。

あと、この試合ではいなかったけど、セレッソからケンペス取ってるんだよね。
セレッソサポに聞いたところ、ポストプレーもできるし、収まりどころとして機能してくれるらしいので、意外とケンペス、ジャイールの2トップでの昔の浦和のワシントン、エメルソン的なタスクもいけんじゃないかなと期待している。

とにかく、今年のジェフは楽しいこと請負なので、多くの試合をスタジアムで応援したい!まずは開幕戦3/3のフクアリ開幕戦の札幌との試合だな!

0 件のコメント:

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ

ページビューの合計