このブログを検索

2013年12月31日火曜日

2013年を振り返る

大晦日。年の瀬である。昔ほど新年を迎える際の厳かな気持ちというものが薄くなった印象だが、まとまった時間が取れる貴重な瞬間なので、1年を振り返り、翌年によい形でつなげていきたいところだ。

本ブログでは2011年からずっとやっているかな。

参考までに昨年のものをちょっと見る。
2012年を振り返ろう

どうやら、2013年にかけて、「ワイドにしっかりと」というテーマでやっていたらしい。

まず、何がワイドなのかというと、色んなイベントに参加したり、仕事も色んなところの会社からの分析を受けてたりするんだけど、常に理解やアウトプットのボトルネックが自分自身であると感じてます。 比較的幅広な守備範囲なので、うっすらとしたアイデアは出るのだけど、実現性に乏しいので、そこをしっかりと理論や技術を理解して実現可能にしていきたいということを2013年のテーマにしたいですね。
1年での結果という意味では、これはけっこう地でいけたような気もする。
2012年から始めた「集合知プログラミング勉強会」も今年の前半で無事こなして、現在の「はじめてのパターン認識勉強会」につながっている。(Prunusさんにバトンタッチ)

仕事でも色んなドメインの案件があって、すごく苦しみながらやってきた。
それに伴い、自身のスキルも拡張せねばということで、シェルスクリプトやRedshiftなどの扱い、各種統計モデルや機械学習のロジックなどの勉強なども行ってきた。
また、統計学に関しても11月の統計検定に向けて再学習をし、1週間という準備期間ではあったが、無事に2級も取得し、基礎的な振り返りもできたことで、新たな発見もあった。

ただ、2013年後半に関してはワイドさが少しもの足らなかった印象がある。
新規の知見やテクノロジーなどの会にはあまり参加できなかったし、どちらかというとアウトプットが求められる事が多かったので、深化という点に重きを置いていたようにも思う。

個人的には2013年は「我慢の年」だった。
色々と活動を続けて来て、個人としてできる限界値がはっきりと見えたし、それによる弊害もどうしてもでてきてしまっていた。
もちろん、自身のスケールアップという点でも頑張って来た物の、色々と追いついていなかったり、もどかしい思いもあったりで、苦しかった。
2012年は自身の評で飛躍の年だったようだが、効用曲線で言えば、あがった後の平行線的な辛い年だったのかなとも思う。

だけど、輪読会での発表やTokyo.RでのLT、そしてJapan.Rでの本トークなどを経験し、拙い経験ではあるが、コミュニティ活動という点は一定の満足を持っている。
もちろん、それによって、もっとこうしたいとか、テクニカルな話ももっとしたいとか、色んな向上心が出て来ているので、引き続きそこはやっていきたい。

はじパタの輪読会でかなり痛感した事に、数学力のなさがけっこう致命的だったりもする。2014年は「最適化」をけっこう重点的にやろうと思っているので、基礎的な数学を見直す努力をしようと思う。
そもそも、文系なので、基礎をすっぽかしているという事実もあるので、逃げないでちゃんとやろうと思う。

一定のアウトプットも求められるようになっているので、2014年に関してはインプットに少し重きを置いていきたい。
そして、Rだけでなく、Pythonをもっと使っていこうと思う。

2013年は「我慢」だったけど、2014年は「自己革新」の年にしようと決めている。

とりあえず、基礎力を高めつつ、自身で簡単なアプリを作ってみたい。
Pythonで構築する事によるメリットが絶対にあるはずなので、そういった感じで。
もちろん、エンジニアになるわけではない。
あくまでマーケター視点で、グロースハック的な活動を行いたいと思っている。

身近な人々がけっこうスタートアップで注目されていたり、刺激が強いのだが、それに自分も負けないようについてきたい。
そして、少しUI/UX系な話に疎くなっているので、この辺のキャッチアップもしていきたい。

あまり自分に制約をかけず、自由な気持ちで2014年はやっていきたいと思うので、みなさんよろしくお願いします。

それでは、良いお年を。

0 件のコメント:

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ

ページビューの合計