このブログを検索

2014年12月31日水曜日

激動だった2014年を振り返る

恒例の1年を振り返るシリーズをしようと思う。
2014年は本当に色々あった。
マクロなイベントとしては冬季オリンピックもあったし、サッカーW杯もあった。
特にW杯は2/3くらいの試合をLiveで見ていたので、時差がある中での仕事との両立が辛かった‥
あれでおなかいっぱいになった反動で毎週の楽しみだったプレミアも今ではあまり見ていないという現実もある。

個人的には、今年の1月からZDNetで連載を始めて、紆余曲折を経ながらもなんとか与えられた8ヶ月の連載を終えた。メディアに寄稿するということは昔から憧れていたことでもあったので、とても貴重な経験だった。そのつながりで、著名な人とも話す機会もできたし、色々な相乗効果があったように思える。
また機会があれば、挑戦してみたいな。まあ、機会は作るもんですね。

少し、昨年の内容を振り返りたい。
2013年を振り返る

2013年は「我慢」だったけど、2014年は「自己革新」の年にしようと決めている。
自己革新の年にするという意思をもって2014年に臨んだわけだが、結果として環境を変えたことがまさにそれにつながった。
自分の興味・関心や環境、会社の状況、これからのマクロな経済動向、すべてにおいて自分の中で100パーセントの環境にいると感じている。
その意味で、2014年に掲げた目標を達成できたと思う。
新しい環境でモチベーションを新たに色々と学習もできているし、あとはアウトプットを行って、結果にこだわっていきたい。
今の環境ではLean Startupの考え方が組織として浸透しているので、そのフレームワークに沿って、その行動指針の評価の指標がアウトプットではなく、アウトカム(成果)なので、アウトカムにこだわっていきたいと強く思います。

また、2014年に掲げていた最適化に関しては、宿題として年を越してしまったので、来期は社内でのPRML読み会と社外での続パタに加えて、自身でも少し最適化系の知識を深めていきたいと思います。

また、なかなか自分の中では腰が重かったりすることが多かったりするので、気軽に動き、イテレーションを高める活動に意識して取り組みたいとも思う。

1年の計として、ルーティーンにも制約を課したいとも思うので、新たなeraである30代を気持ちよく迎えるためにも、しっかりと着実に日々を過ごすことを2015年は意識しよう。

それでは、よいお年を。

0 件のコメント:

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ

ページビューの合計