このブログを検索

2010年1月8日金曜日

今年のトレンドの1つ ~3D~

「カールじいさんと空とぶ家」を新宿バルト9で見てから、すっかりと3D映画に魅了されておりますが、
世間的にもかなり流行しているようです。

3Dを最大限に生かしているのが、ジェームズ・キャメロンの「アバター」で、その臨場感は半端ではないみたい。
実際、予告編のアバターを見たけど、相当面白そうだったし、確実に見たい映画であることは確か。

でもでも、そんな裏で興味深い記事を発見。

3D映画の方式について



3Dも映画館によって種類が違うのだそうだ。
これは少しびっくりしたが、よく考えてみると、当たり前のことでもある。

そして、各方式の違いにより、今までよりも見る座席の指定が変わってくるということ。

通常の2Dであれば、画面が見えやすいor見えにくい程度の席指定などであったが、これからは違うということでしょう。

なんにせよ、アバターみたい!

0 件のコメント:

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ

ページビューの合計