このブログを検索

2014年8月22日金曜日

武雄市の図書館に行って来た

福岡に旅行に来たついでに、CCCが運営委託を受けて話題となった武雄市の図書館に来てみた。
公立の図書館でありながら、なかなかユニークな試みだが、佐賀県武雄市という立地上、なかなか機会がなかったが、ちょっと足を伸ばしてみた。

特急を使うと、博多駅から1時間ほどで武雄温泉駅まで行く事ができる。
武雄温泉駅はかなりのどかだった。なぜなら、駅の改札が自動機札ではなく、おばちゃんに切符を渡したのでw

駅からは車で5分ほどの距離に図書館はある。図書館の目の前はベスト電器。
いわゆる地方のショッピング集積地っぽい地域にある。

建物だけ見ると、スタイリッシュなのだが、このすぐ後ろは山だし、田舎っぽい街並の中にこの建物が存在していることがものすごく違和感だった。




賛否両論あったけど、ものすごくいい空間だと感じました。
スーツの人が来ていたので、どこかの自治体の関係者が視察に来ていたのかもしれません。でも、この取り組みは運営費の削減を実現しているので、非常に良いと思います。
数時間、館内にいて蔵書のチェックとか雰囲気とか利用者の顔を眺めていたのですが、集客という観点では非常に成果を上げている。
特に田舎の場合、大きなショッピングモールにしか行き場がないと思うけど、3世代利用とかもいるし、図書館なんだけど、子供が走り回っていたりで、独特の文化が垣間見えました。

以下、武雄図書館の2Fのスペースでメモしたこと。

・平日の昼間だけど、幅広い属性の人たちが来ている。
(一人で読書、家族、子供連れ、3世代、テスト勉強、友達同士)
・店内にスタバが併設されているので、カフェ利用者もいるが、基本は静か。
・このブログの草稿は図書館の2F席で書いているが、タイピング音がうるさくならないように気をつけて打ってる)
・図書のディスプレイが非常にいい感じ。
・印象として、攻殻機動隊のアオイと少佐の知見を披露する図書館っぽいイメージ
・天井が高いので、けっこう蔵書で高い位置に配置されている書籍も多い。
(脚立が2脚ある。でもStaff Onlyなので、依頼しなければいけないのだろう。)
・テラス席もありながら、静かに図書館利用したい席もあって、バリエーションに富んでる。
・レンタルもできる
・蔵書検索のiPadがなかなかいい感じ。ただ、ネット接続がちょい遅い。
・武雄市けっこう田舎
・雑誌や図書販売などもあるが、ぱっと見どこまでがそうなのかはわからない。
・賛否両論あったが、市民の利用率的にはかなりいいのでは。また来たいし、通いたいw

以上、現場からのリポートでしたw

※後からPhoto禁止だと気づきました。すみませんw

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

おしゃれな図書館いいですよね。
ただ運営費は1000万円ほど増額してるそうです。

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ

ページビューの合計