2012年5月7日月曜日

圧倒的な情景描写による切ないストーリーの包容

「秒速5センチメートル」というアニメを観た。



どこかで誰かがおすすめの切ないアニメと言っていたので、どんなもんじゃいという気概で借りてみたのだが、驚嘆すべきはその内容ではなく、圧倒的なアニメーションの美しさだった。

四季の描写に応じて描かれる季節の風物であったり、中でもその空の描き方には息を吞んだ。
現実?とも思えるアニメーションだが、現実をも凌駕してしまうのではないかという風景に引き込まれてしまった。
内容は甘酸っぱい切ないストーリーで、はっきり言って、かゆくなりそうなものだが、完全に引き込まれてしまったようだ。

あと、テーマソングが汚い。

これ



色々とフラッシュバックしてしまう世代なので、主観で入ってしまったではないか。。というのが、感想。
でも、男と女の描き方は少し男よりの目線がする(監督が男)けど、共感できるなぁ。

色々と見所があったので、興味持った方はぜひ観てほしいね。

0 件のコメント:

日々の気になる出来事サーチ

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ