2011年8月15日月曜日

カモメになったペンギンを読了した

カモメになったペンギン

カモメになったペンギン。
はて、なんのこっちゃとは思ったが、ジョン・P・コッターのビジネス本だった。ビジネスあるあるを寓話形式にしたものだという。

帯には「変わらなければ生き残れない」
と、書いてある。うーん。気になるってことで購入。

とあるペンギン界の話。
ペンギンのフレッドはふとした時に自分たちの住む氷が溶けかかっていることを発見する。
それを仲間に報告し、対策を打っていくのだが‥
という感じの内容。

まあ、フィクションなので強引な部分もあるが、日常の会社生活においても共起性があり、とても面白かった。

さらっと読めるので、ちょっとした息抜きにおすすめ。

目次
日本の読者へ ~ジョン・コッター
序文 ~スペンサー・ジョンソン
ようこそ
カモメになったペンギン
自分を変えて、成功を収めよう
変革を成功させる八段階のプロセス
考え方と感じ方の役割
訳者あとがき ~藤原和博




0 件のコメント:

日々の気になる出来事サーチ

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ