このブログを検索

2011年7月24日日曜日

次世代マーケティングリサーチを読了した

次世代マーケティングリサーチ

マクロミルの萩原さんの書籍。
本来、もっと早く読むべきだったのだが
いろいろと必要に迫られて読了した。

これだけの内容の書籍だが、一言でまとめると、まさに目から鱗。
正直、この内容にインスパイアされたことは多い。

発売当初に萩原さんの話を聞いたけど、そのときにもおっしゃっていられた「これからのソーシャル時代のリサーチは変革していく」ということ。

そのときのブログ
JMRX勉強会「ソーシャルメディアリサーチサービスの可能性を見る」に参加してきた

まさに今、それが業界におこっているようだ。リサーチ業界の人間ではないが、関わっている人間としては、とても感慨深いし、個人的には従来手法との組み合わせでのソーシャルリサーチ手法が早く実現してほしいと願っている。

事例なども多く、時代も追いついていることから、賞味期限はそれほど長くはないのかもしれない。
しかし、まさに変革の今、本書を読んでいるかどうか、それは明確な差となってしまうことは間違いないだろう。

このように様々なレビューを書かれている本書の著者が、このレビュー群をもとに、今後どのように活動していくかにも興味がある。

以下目次
Introduction 消費者が変わればリサーチも変わる
1 なぜ新しい消費者理解の技術が必要なのか
2 パートナーとしての消費者
3 消費者の言葉に耳をすます
4 新しいデバイスとテクノロジーの活用
5 マーケティングリサーチの伝統と革新



0 件のコメント:

zenback

Amazon

ブログ アーカイブ

ページビューの合計